近接Fo(Te)楽しい

零式サフォイエ、零式ラメキドが追加されたので、使用感をだらだらと書いておきます。零式サフォイエは、イルゾンデ+ギフォイエといったテクニックになっています。

ギフォイエを身体に纏いながら、前方に高速移動します。高度差があっても、ある程度は追尾します。
フォーススキルのフレイムテックSチャージとのシナジーにより、テクニックカスタマイズ集中のイルゾンデと同等のチャージスピード、移動距離が稼げます。さらに、それをしながらギフォイエクラスの範囲攻撃が可能です。
今まで遠距離ラフォイエ、タリスギフォイエが主流だった炎テクニック環境に一石を投じました。
つまり、ロッド、若しくはウォンドを持って接敵して、テクニックを打つ戦術が取れるようになりました。
ロッド、ウォンドで接敵するメリットはタリスより攻撃力が高いことです。
フォースでの範囲攻撃は、タリスを投げて、ギフォイエ、ギゾンデ、ラグランツギグランツが主流です。ですが、この接敵サフォイエを使うことによって、火力の高いロッドで範囲テクニックを有効に使うことができます。ウォンドならそのまま殴りに行くことも可能です。
零式ラメキドは、自身の周りに黒い球体を展開し、近づいたエネミーにダメージを与えます。
というわけで、零式ラメギド纏いながら、零式サフォイエで接近して、ザンバース→ギフォイエ連打って近接魔道士コンボが完成しました。
使用感は完全にグレンテッセン。シェイハできるよ!